.

契約店舗でいずれものクレカが使えるわけではありません。

◇カードの加入店はだいたい二つ以上のカードのブランドに入っていますがいかんせん一軒一軒の店舗でみなの会社のクレジットカードが使えるわけじゃありません。

例をあげれば以前からある商店の場合はJCBのロゴの付いたそのクレジットカードしか使用できない状況もあるし最近できた契約店舗だとVISAやMasterCardのマークのクレカのみしか使えない場面もあるでしょう。

ディスカバーカードみたいなクレカの場合、さらに使用不可な商店が増えると思います。

どの印のクレカが決済可能かというのをどこで判断するといいのか?「じゃあいかなる方法で何のロゴの所有カードが使えるかを判断するといいのか?」というと、正しく知るんだとすると該当店舗の人に尋ねてみる以外ないていうのが実のところ正しい答えです。

だが大部分のお店やホテルには店舗の見えるスペースに使用できるクレジットカード会社の案内がプリントされた認証マークがあることから「そうなんだそこのお店ではアメリカンエキスプレスカードが使えるのか」という感じで困らないようになってるから確認しておいていただけるとよいと思います。

反対に、きっちりと管理が出来ていない店舗のような場合には、ロゴステッカーが掲載されている状況でも「ここでは○○クレジットカードは使えません」みたいな返答を受けてしまう状況もあるためメンツをつぶされてしまう場合だってあるでしょう。

やっぱり可能な限りより多くのショップでカードが使用できるようにする目的で異なる種類のロゴ(インターナショナルな印)がはいった一般的なビザカードマスターカードダイナースカード、アメリカンエキスプレスカード、等のクレカを2枚以上財布に入れておくようにするとよいと思います(例:ニコスカードを持っているならもう一方は銀聯カード付属のカードを持つといった方法)。

とりわけ国内ではVISAカード、MasterCard、JCBの入ったクレカを常時所持していれば返済状況に問題がない限り日本各地の加盟店舗でなにがしかのカードを使うよう準備万端というわけです。

クレカを契約して日常的にカードライフを続けていくには、きっちりとこれらのクレジットカードを申し込んでおいていただきたいと思います。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.eichornsfurniture.com All Rights Reserved.